日本で初めての水上太陽光発電は、ウエストエネルギーソリューションが手がけました。

03-5353-6868 お問合せ

水上太陽光発電

日本で初めての水上メガソーラーを手がけました。

FLOATING SOLAR

5つのメリット 水上太陽光発電実績を見る ≫

水上を有効活用するという、新しい価値をもたらした水上太陽光発電。メリットの多い設置方法であるため、
全国各地に点在する調整池などでも活用できるとして、地方自治体から注目を集めています。

メリット1

日陰が少ない

もとより障害物が少ないという水上の利点を活かせるのが、水上太陽光発電。さらに、影になりそうな可能性のあるエリアをできるだけ避け、設置スペースを設計します。
メリット2

モジュールの表面温度が低い

太陽電池モジュールは、表面温度が25℃を越えると発電効率が低下してしまいます。水上太陽光発電の太陽電池モジュールは、水面の冷却効果により、直射日光があたる表面温度を低下させることがわかりました。
メリット3

造成工事が不要

これまでの太陽光発電では、ソーラー用地としての開発が必要な土地が多数ありました。水上太陽光発電は、造成・伐採・抜根・地盤改良など、様々な工事が不要なため、初期費用を抑えることができます。
メリット4

未利用地の有効活用

日本全国の池・湖で、一部は観光地として娯楽施設を建設し、活用しているところもありますが、大半の池・湖は、未利用です。人工池沼などを含めると無数に点在するこれらの水面を有効活用します。
メリット5

自然・環境を壊さない

フロートが水面への日射をさえぎるので、アオコの異常発生を防止。その他藻類の発生・成長を抑制するため、魚類の産卵・生育に良い自然環境を生み出します。また、ホコリなどのゴミが少ないので、太陽電池モジュールの汚れが軽減します。

MEGASOLAR

ソーラーオンザウォーター桶川

埼玉県桶川市との協力体制により完成した、全国最大規模の水上太陽光発電「ソーラーオンザウォーター桶川」。
この日本初の試みが、すでに地域に様々なメリットをもたらしています。

  • 桶川市にも多くのメリットをもたらしました。

    必要不可欠な存在でありながら、維持費がかかっていた調整池。水上太陽光発電を建設したことで、桶川市は土地使用料の収入と、固定資産税という税収も見込め、資産として転換することができました。また、環境教室を併設し、市民への環境意識の啓蒙や、災害・停電時の非常用電源など、多くのメリットをもたらしました。

  • すでに高い発電実績を記録しています。

    プロジェクトのプランニング段階から、陸上の太陽光発電と比べ発電効率が10%程度高いと予想されていた「ソーラーオンザウォーター桶川」。実際の発電量は開始からわずか8ヶ月間で、高く設定したシミュレーション値をさらに超え、118%と大幅に上回る結果となりました。

  • 設置前後で環境変化は見られませんでした。

    ウエストグループは、水上太陽光発電の設置前と設置後で水質調査を実施。浮遊物の量、銅・鉛・亜鉛・クロムなど水中の金属類の含有量など、全16項目において、水上ソーラーを設置したことによる水質の悪化は見られませんでした。

  • マスコミにも多数取り上げられました。

    「ソーラーオンザウォーター桶川」の建設は、各地に点在する調整池などでも活用できるとして、全国の地方自治体から注目を集め、太陽光発電による地域活性化のソリューションとして、マスコミにも多数掲載されました。

MEGASOLAR

水上太陽光発電の設置基準

水上の有効活用という、画期的ソリューションである水上太陽光発電ですが、すべての水上に設置できるとは限りません。
設置にはいくつかの基準があります。

  • 水面が枯れないこと。

    ウエスト水上太陽光発電は、水面に浮かせる仕様です。季節や周辺環境の影響により、水位が大きく変動または枯渇してしまう湖・池・沼では、設置することができません。

  • 水面の周囲状況を確認します。

    ウエスト水上太陽光発電は、地上につなぎ止めるため、岸壁・土手の地質調査を行います。また、設置のための作業や足場のスペース、資材搬入のための経路への配慮も必要となります。

  • 水深・水位変動の確認が必要です。

    水上太陽光発電を通常時の最大の広さで設計・設置した場合、渇水の時に土手にあたり、せり上がることもあります。ウエスト水上太陽光発電は、水深・水位変動を確認し、渇水時の最大面積で設計します。

  • 池周辺に平地が必要です

    太陽光発電システムに必要なパワーコンディショナやキュービクル、集電箱などの設備を設置するスペースが必要です。また電力会社との連系についても配慮が必要になります。 ※高圧連系と低圧連系では、周辺機器が異なります。

MEGASOLAR

安心・安全のフロートをご提供します。

オリジナル設計と、シンプルな構造により、高い施工性と優れた耐水性を実現。
ウエストエネルギーソリューションは、水上太陽光発電の施工実績を積み重ね、さらなる高品質フロートを追求していきます。
施工の流れ
水上フロートの特長

壊れにくい構造

フロートと通路部分は、強度に優れた樹脂をブロー成形したワンピース構造。作り・形状ともにシンプルなので、壊れにくいのが特長です。

安定性に優れる

フロートは投影面積を広くし、太陽電池モジュールを搭載しながらも水上で安定するように設計しました。

メンテナンス性が高い

すべての部品は、上部から取り付けできるので、メンテナンスのためにフロートを陸上に移動させる必要がなく、メンテナンスが容易です。